• English
  • Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

Linuxワークステーションでホームディレクトリのバックアップを取るには

理工学ITCのLinuxワークステーションでは、 cdbackupコマンドを用いて、 ホームディレクトリのバックアップをCD-R/RWメディアに取ることができます。

ホームディレクトリのバックアップ(cdbackup)

利用手順

  1. Linuxワークステーションにログインします。

  2. w コマンドを使って、現在のマシンの負荷状態を確認してください。

    % w
    13:36:16  up 26 days,  4:17,  6 users,  load average: 0.04, 0.12, 0.09
    USER     TTY      FROM              LOGIN@   IDLE   JCPU   PCPU  WHAT
    y20000   tty1     -                 8:09am  0.00s  2.40s  0.01s  w
    

    最初の行に "load averages:"という欄があり、 3つの数字が表示されます。 この数字が著しく高い (1.0に近い) 場合には バックグラウンドで負荷の高いプロセスが動いている可能性があり、 バックアップが失敗する可能性があります。

  3. CDドライブにCD-R/RWメディアを挿入します。

  4. cdbackup コマンドを実行します。

    ※ CD-RWメディアを利用する場合は、事前にデータを消去しておく必要があります (「CD-RWのデータ消去」)。

    % cdbackup
    

    通常、バックアップに必要な時間は数分程度です。

  5. 最後に書き込みに要した時間が表示され、終了します。

    backup.burn - based on cdrecord
    Cdrecord 2.0 (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2002 Jöòg Schilling
    TOC Type: 1 = CD-ROM
    scsidev: '0,0,0'
    scsibus: 0 target: 0 lun: 0
    Linux sg driver version: 3.1.24
    Using libscg version 'schily-0.7'
    Driveropts: 'burnfree'
    atapi: 1
    Device type    : Removable CD-ROM
    Version        : 0
    Response Format: 2
    Capabilities   :
    Vendor_info    : 'TSSTcorp'
    Identifikation : 'CDW/DVD TS-H492B'
    Revision       : 'IB00'
    Device seems to be: Generic mmc2 DVD-ROM.
    Using generic SCSI-3/mmc CD-R driver (mmc_cdr).
    Driver flags   : MMC-3 SWABAUDIO BURNFREE
    Supported modes: TAO PACKET SAO SAO/R96P SAO/R96R RAW/R16 RAW/R96P RAW/R96R
    Drive buf size : 1957120 = 1911 KB
    FIFO size      : 4194304 = 4096 KB
    Track 01: data  unknown length
    Total size:        0 MB (00:00.00) = 0 sectors
    Lout start:        0 MB (00:02/00) = 0 sectors
    Current Secsize: 2048
    ATIP info from disk:
    Indicated writing power: 2
    Reference speed: 6
    Is not unrestricted
    Is erasable
    Disk sub type: High speed Rewritable (CAV) media (1)
    ATIP start of lead in:  -11077 (97:34/23)
    ATIP start of lead out: 336075 (74:43/00)
    1T speed low:  4 1T speed high: 10
    2T speed low:  2 2T speed high: 10
    power mult factor: 2 6
    recommended erase/write power: 5
    A1 values: 24 2C DC
    A2 values: 14 A4 4A
    Disk type:    Phase change
    Manuf. index: 11
    Manufacturer: Mitsubishi Chemical Corporation
    Starting to write CD/DVD at speed 4 in real TAO mode for single session.
    Last chance to quit, starting real write    0 seconds. Operation starts.
    Waiting for reader process to fill input buffer ... input buffer ready.
    BURN-Free is OFF.
    Turning BURN-Free on
    Performing OPC...
    Starting new track at sector: 0
    Track 01:    5 MB written (fifo 100%) [buf 100%]   4.2x. 36.71% done, estimate finish Thu Jul  6 18:51:42 2006
    Track 01:   15 MB written (fifo 100%) [buf 100%]   4.2x. 73.44% done, estimate finish Thu Jul  6 18:51:36 2006
    Track 01:   22 MB written (fifo 100%) [buf 100%]   4.0x.Total translation table size: 0
    Total rockridge attributes bytes: 159516
    Total directory bytes: 356352
    Path table size(bytes): 932
    Max brk space used f5000
    13632 extents written (26 Mb)
    Track 01:   26 MB written (fifo 100%) [buf 100%]   4.0x.
    Track 01: Total bytes read/written: 27918336/27918336 (13632 sectors).
    Writing  time:   52.830s
    Min drive buffer fill was 100%
    Fixating...
    Fixating time:   75.700s
    BURN-Free was never needed.
    backup.burn: fifo had 441 puts and 441 gets.
    backup.burn: fifo was 0 times empty and 348 times full, min fill was 73%.
    
    
  6. mount コマンドを使ってCD-R/RWメディアをマウントし、 ls コマンドなどで内容を確認してください。

    % mount /mnt/cdrom
    % cd /mnt/cdrom
    % ls
    
  7. 確認が終わったら umount コマンドによってマウントを解除します (/mnt/cdromの下にいるとumountできません)。

    % cd
    % umount /mnt/cdrom
    
  8. 終了したら eject コマンドによってディスクを排出します (umountされていないと排出できません)。

    % eject
    

(参考) カウントダウンについて

以下のメッセージが表示され、10秒間カウントダウンしている間であれば、 Ctrlキーを押しながらcを押してcdbackupを安全に停止させることができます。 この場合、CD-R/RWには何も書き込まれません。 これより後のタイミングでcdbackupを停止させた場合、 メディア上のデータが破壊されてしまうのでご注意ください。

Starting to write CD/DVD at speed 4 in real TAO mode for single session.
Last chance to quit, starting real write    9 seconds.

CD-RWのデータの消去

cdbackup コマンドを利用してCD-RWメディアにバックアップを行う場合は、 事前にCD-RWメディアに書き込まれているデータを消去する必要があります。 理工学ITCのLinux環境では、cdrw.clean コマンドを利用することでCD-RWのデータを消去することができます。

利用手順

  1. CD-RWメディアをドライブにセットします。

  2. cdrw.clean コマンドを実行します。

    % cdrw.clean
    
  3. 下記の質問で y と答えます (n と答えた場合は何もせずにプログラムが終了します)。

    Remove all data on CD-RW...
    OK? (y/n) 
    
    y
    
    
  4. cdbakcup と同様に下記のメッセージが表示されます。

    backup.burn - based on cdrecord
    Cdrecord 2.0 (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2002 J\x86r\x86qg Schilling
    scsidev: '0,0,0'
    scsibus: 0 target: 0 lun: 0
    Linux sg driver version: 3.1.24
    Using libscg version 'schily-0.7'
    Device type    : Removable CD-ROM
    Version        : 0
    Response Format: 2
    Capabilities   :
    Vendor_info    : 'TSSTcorp'
    Identifikation : 'CDW/DVD TS-H492B'
    Revision       : 'IB00'
    Device seems to be: Generic mmc2 DVD-ROM.
    Using generic SCSI-3/mmc CD-R driver (mmc_cdr).
    Driver flags   : MMC-3 SWABAUDIO BURNFREE
    Supported modes: TAO PACKET SAO SAO/R96P SAO/R96R RAW/R16 RAW/R96P RAW/R96R
    Starting to write CD/DVD at speed 10 in real BLANK mode for single session.
    Last chance to quit, starting real write    0 seconds. Operation starts.
    
  5. 下記のメッセージが表示され、カウントダウンが開始します。 もし誤って cdrw.clean を実行してしまった場合は、 この数字が0になるまえにCtrlキーを押しながらcを押して、 コマンドの実行をキャンセルして下さい。

    Starting to write CD/DVD at speed 10 in real BLANK mode \
    for single session.
    Last chance to quit, starting real write    9 seconds.
    
  6. 下記のようなメッセージが表示され、データの消去が始まります。 通常、消去に要する時間は数分程度です。

    Operation starts.
    

注意点

CD-R/RWメディアについて

  • cdbackup コマンドを利用してCD-R/RWメディアに書き込みを行った場合、 そのメディアには追記できません。

  • CD-RWに既にデータが記録されている場合、 cdbackup コマンドを使用する前にメディアの内容を消去する必要があります

cdbackupコマンドについて

  • cdbackup コマンドは自動的に各ユーザのホームディレクトリを CD-R/RWメディアにバックアップします。 それ以外のディレクトリのバックアップを取ることはできません。

  • CD-RWドライブのランプが点滅している間は書き込みを行っています。 書き込みが終了するまでマシン上での操作を控えてください。

  • バックアップの終了後、成功しているかどうかの確認を必ず行ってください。

最終更新日: 2014年9月22日

内容はここまでです。