• English
  • Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

ログインサーバによるLinux環境へのアクセス

理工学ITCでは、外部からLinux環境を利用できるよう、ログインサーバを提供しています。 ログインサーバを利用することで、リモートからLinux環境上で作業をしたり、Linux環境との間でファイルをやりとりすることが可能となります。

ログインサーバ

理工学ITCでは、以下のホストをログインサーバとして提供しています。

  • logex00.educ.cc.keio.ac.jp
  • logex01.educ.cc.keio.ac.jp
  • logex02.educ.cc.keio.ac.jp

リモートログイン

ログインサーバにリモートログインすることで、外部からLinux環境で作業をすることができます。 リモートログインにはsshコマンドやPuTTY等のSSHクライアントソフトウェアが必要になります。

Mac OS XやLinux・UNIX系OSの多くにはsshコマンドが標準で用意されており、コマンドラインからリモートログインサービスの利用が可能です。 Windowsの場合は、別途SSHクライアントソフトウェア,Xmingなどをインストールする必要があります。

WindowsおよびMac OS Xからのリモートログインの例を以下に示します。

制限事項

ログインサーバは、リモート環境からのメール確認や課題の作成などのために用意されたもので、計算資源として用意されたものではありません。 長時間の占有・負荷の高いアプリケーションの利用・計算ジョブ実行等は、他の利用者に迷惑をかける場合がありますので、そのような用途での利用はご遠慮ください。

また、Linuxワークステーションにインストールされているアプリケーションのうち、一部のものは高負荷である等の理由からログインサーバで利用できないようになっています。

以下はログインサーバ上で利用できないアプリケーションの一例です。 これらのアプリケーションは、開室時にワークステーション室でご利用下さい。

  • Mathematica
  • MATLAB

※ 上記以外のアプリケーションについても、予告なくログインサーバ上での利用を制限させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

※ 研究上の都合で長時間の計算等を行いたい場合は、計算サーバをご利用下さい。

ファイル転送

Linux環境との間でファイル転送を行うには、scpコマンドやsftpコマンドもしくはWinSCP等のSCP・SFTPに対応したクライアントソフトウェアでログインサーバに接続します。

WinSCPを用いたLinux環境との間でのファイル転送については、「WinSCPを利用したファイル転送」をご覧下さい。

最終更新日: 2014年7月28日

内容はここまでです。