• English
  • Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

ターミナルからのリモートログイン

Mac OS Xには、標準で OpenSSHがインストールされています。 ターミナル上でOpenSSHのsshコマンドを利用することで、 自宅や研究室のMac OS X環境から 理工学ITCのLinux環境にリモートログインすることができます。

以下では、 Mac OS Xでsshコマンドを用いて 理工学ITCのLinux環境へリモートログインする際の手順をご紹介します。

ターミナルの起動

  1. "Macintosh HD" 内の "アプリケーション"を開きます。

  2. "アプリケーション" 内の "ユーティリティ" を開き、 "ターミナル" を起動します。

理工学ITCのLinux環境へのリモートログイン

  1. ターミナル上で以下のようにsshコマンドを入力します。

    ssh ログイン名@ログインサーバ名
    

    上記例の"ログイン名" は理工学ITCのアカウントのログイン名に読み替えてください。 また、"ログインサーバ名"には、 "logex00.educ.cc.keio.ac.jp" (もしくは "logex01.educ.cc.keio.ac.jp"・ "logex02.educ.cc.keio.ac.jp")を入力します。

  2. 初めて接続した場合、以下のような警告が表示されるので、 "yes" と入力し、Enterを押します。

  3. "Password:" と表示されたらパスワードを入力します。 以上でリモートログインした状態となります。

日本語の表示

Mac OS Xのターミナルは、 標準の設定では日本語が文字化けしてしまいます。 Mewを用いてメールを見る場合等、日本語の表示が必要な場合は、 以下の手順を参考に設定を行って下さい。

ターミナルの表示設定

  1. ターミナルのメニューから"ウインドウ設定..."を選びます。

  2. "ターミナルインスペクタ"が開いたら、 一番上のメニューから"ディスプレイ"を選択し、 "ワイドグリフは2桁とカウントする"にチェックを入れ、 "文字セットエンコーディング"を "日本語 (EUC)"に設定します。

  3. 日本語を表示した際の文字間隔が気になる場合は、 フォントをOsaka等の等幅フォントに変更します。 "フォント設定..."をクリックし、表示フォントを選択して下さい。

  4. Emacsを使用する場合は、 "ターミナルインスペクタ"の一番上のメニューから "キーボード"を選択し、 "delete キーで backspace を送る" と "メタキーとして option キーを使用する" をチェックしておくと便利です。

Emacsの設定

上記の設定だけでは、Linux環境でのEmacs上での日本語の文字化けは解決しません。 Emacsで日本語を入力・表示する場合は、 以下の設定をLinux環境のホームディレクトリの ".emacs" ファイルに書き足して下さい ( .emacs ファイルがホームディレクトリにない場合は、 新規にファイルを作成して下さい)。

(set-terminal-coding-system 'euc-jp)

最終更新日: 2014年12月10日

内容はここまでです。