• Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

ワークステーション室マルチブート環境(Windows/Linux)

理工学 ITC では、一部のワークステーション室において Windows と Linux のマルチブート環境を提供しています。
利用したいオペレーションシステム( OS )が起動していない場合、以下を参考に OS を切り替えてください。

OS の切り替え方法

1. OS 選択画面を表示させる

Linux (黒背景に白文字の画面)が起動している場合
  1. キーボードの「Ctrl」と「Alt」と「Delete」キーを同時に押します。

  2. パソコンが再起動し、下図のような OS 選択画面が表示されます。

Windows が起動している場合
  1. 画面左下の Windows マークをクリックします。

  2. 電源マークをクリックし、「再起動」をクリックします。

  3. パソコンが再起動し、下図のような OS 選択画面が表示されます。

パソコンの電源が切れている場合
  1. パソコン本体の電源ボタンを押し、パソコンを起動させます。

  2. パソコンが起動し、下図のような OS 選択画面が表示されます。

2. 起動したい OS を選択する

  1. キーボードの上下十字キーでカーソルを移動させながら起動したい OS を選択し、「Enter」キーを押して決定します。

  2. 選択した OS が起動します。なお上記の画面でどのキーも押さないと、 14-B103, 14-B107, 12-203, 12-204 では Windows 、それ以外のマルチブート環境では CentOS 7 が 10 秒後に起動します。

Linux の自動シャットダウンについて

14-B103, 14-B107, 12-203, 12-204 では Linux からログアウトされたままの状態が続くと、パソコンは約1分後に自動的にシャットダウンします。

最終更新日: 2019年4月3日

内容はここまでです。