• Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

Eclipse上のMavenに関する一時ファイルの削除方法

[Q.]

Eclipse上のMavenに関する一時ファイルの削除方法.

[A.]

Eclipseが自動で作成するMavenの一時ファイルが,ホームディレクトリの容量を大量に消費することがあります.以下の手順で,設定の変更と一時ファイルの削除を行なってください (以下を行うとMavenが動作しなくなる可能性がありますので,Mavenをご利用の場合は理工学ITCへご相談ください).

  1. ターミナルからEclipseを起動します.

    $ eclipse
    
  2. Eclipseの設定メニューから「Window」 -> 「Preferences」を選択し,設定画面を表示します.

  3. 左側から「Maven」を選択し,右側に表示される「Download repository index updates on startup」のチェックを外します(すでに外れている場合は変更の必要はありません).

  4. Eclipseを終了します.

  5. ターミナルから以下のコマンドを実行し,一時ファイルを削除します.

    $ rm -rf ~/.m2
    $ rm -rf ~/workspace/.metadata/.plugins/org.eclipse.m2e.core
    

最終更新日: 2013年5月21日

内容はここまでです。