• Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

Linux環境において日本語が入力できません

[Q.]

Linux環境において日本語が入力できません

[A.]

環境変数 LANG の設定確認

まず,環境変数 LANG の設定が以下のようになっているかご確認下さい.

% echo $LANG
ja_JP.utf-8

上記の結果になる場合は,「.gconf の削除」にお進み下さい.

上記の結果にならない場合は,環境変数 LANG の設定を行う必要があります. ホームディレクトリ直下の .bash_profile に設定を追加するか,ITC が用意した .bash_profile をご自身のホームディレクトリ直下にコピーして下さい.

.bash_profile に設定を追加する方法:

既にご自身で .bash_profile をカスタマイズされている場合はこの方法をお勧めします.

% vi ~/.bash_profile
(以下の一行を追加します)
source /home/etc/skel/.bash_profile

.bash_profile をコピーする方法:

ホームディレクトリ直下にある .bash_profile のバックアップを取り,設定ファイルをコピーします.

% mv ~/.bash_profile ~/.bash_profile.bak
% cp -p /home/skel/.bash_profile ~/

1 回ログアウトし,再度ログインします.

再び,環境変数 LANG の設定を確認します.

% echo $LANG
ja_JP.utf-8

上記の結果にならない場合は,環境変数 LANG の設定を別の箇所で上書きしている可能性があります. ご自身で修正するか,ITC 窓口までご相談下さい.

.gconf の削除

ホームディレクトリ直下の .gconf を消去し、再度お試しください。

% rm -r ~/.gconf

最終更新日: 2016年4月12日

内容はここまでです。