• Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

無線ルータを購入したが、設定が分からない

[Q.]

無線ルータを購入したが、設定が分からない

[A.]

無線ルータは購入時のデフォルトから設定を変更する必要があります。

以下、機器ごとの設定手順を記載いたします。

AirStation(Buffalo)

無線機能のみを使用したい場合(ルーティングは別ルータで実施する場合)

  1. 本体背面のスイッチまたはボタンを操作し、モードをブリッジ/APモードに切り替えます
    • MANUAL/AUTOスイッチがある場合は、そのスイッチを「MANUAL」にして下さい
    • ROUTER/AP/WBスイッチがある場合は、そのスイッチを「AP」にして下さい
    • Auto/Router/Brigdeスイッチがある場合は、そのスイッチを「Brigde」にして下さい
    • モードをボタンで切り替える場合は、ルーティング機能を「OFF」にして下さい

ルーティング機能と無線機能を使用したい場合

  1. 本体背面のボタンまたはスイッチを操作し、モードをルータモードに切り替えます
    • AUTOモードだと正しく動作しない場合がございます
    • MANUAL/AUTOスイッチがある場合は、そのスイッチを「MANUAL」にして下さい
    • ROUTER/AP/WBスイッチがある場合は、そのスイッチを「ROUTER」にして下さい
    • Auto/Router/Brigdeスイッチがある場合は、そのスイッチを「Router」にして下さい
    • モードをボタンで切り替える場合は、ルーティング機能を「ON」にして下さい
  2. PCを本体にLANケーブルで接続し、ブラウザから設定画面にアクセスします
    • 工場出荷時でルータモードのIPアドレスは192.168.11.1なので、アクセスURLは「http://192.168.11.1」です(マニュアルを参照下さい)
  3. 工場出荷時の初期ID、PWである「ID:admin、PW:password」でログインします(マニュアルを参照下さい)
  4. 「詳細設定>インターネット>Internet>IPアドレス取得方法」を「手動設定」にし、グローバルIPアドレスとサブネットマスクを入力します
    • グローバルIPアドレス・サブネットマスクが分からない場合は学科のネットワーク管理担当者にお問い合わせください
  5. DNSサーバの欄にはプライマリ「131.113.1.8」、セカンダリ「131.113.224.8」を入力します(ITC提供のDNSサーバです)

AirMac(Apple)

無線機能のみを使用したい場合(ルーティングは別ルータで実施する場合)

  1. 設定画面を開き「インターネット>インターネット接続>接続共有」を「切(ブリッジモード)」にします

ルーティング機能と無線機能を使用したい場合

  1. 設定画面を開き「インターネット>インターネット接続>接続共有」を「パブリックIPアドレスを共有」にします
  2. 「インターネット>TCP/IP>IPv4の構成」を「手入力」にし、グローバルIPアドレスとサブネットマスクを入力します
    • グローバルIPアドレス・サブネットマスクが分からない場合は学科のネットワーク管理担当者に連絡してください
  3. DNSサーバの欄には「131.113.1.8」を入力します

最終更新日: 2019年10月28日

内容はここまでです。