• English
  • Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

特定のユーザーと共有

特定のユーザーと共有

  1. [特定のユーザーと共有] にユーザーを追加することで、個別に権限をつけることが可能です。また、特定のグループ内でスケジュール共有することもできます。

    ユーザーに権限を追加するには、[ユーザー] の入力欄にユーザーまたはグループのメールアドレスを入力します。
    入力後、追加されたユーザーまたはグループに権限を設定し [保存] をクリックします。
    ユーザーまたはグループに対してカレンダー共有されたことを知らせる招待状が送信されます。

    図 特定のユーザーと共有

    権限の設定にて、次の権限をつけることができます。
    ※Keio Apps IDと新慶應メールで作成したグループ以外のメールアドレスは[1.変更および共有の管理権限]以外を設定できます。

    1.変更および共有の管理権限
    このカレンダーの設定を変更することができ、カレンダーを削除することができます。管理者向けの権限をつけることが可能です。

    2.予定の変更権限
    このカレンダーのスケジュールを変更することができます。
    カレンダーの設定を変更することができません。

    3.閲覧権限(すべての予定の詳細)
    このカレンダーのスケジュールの詳細を閲覧することができます。
    スケジュールを編集することはできません。

    4.予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)
    このカレンダーのスケジュールは非表示状態となり、時間枠のみ表示されます。

  2. 特定のユーザーのみカレンダーを利用できるようにする場合は、[このカレンダーを他のユーザーと共有する] のチェックを OFF にします。
    グループのメンバーが変更されると、カレンダーの共有設定は自動調整されます。
    カレンダーを共有できない場合は、カレンダーの共有を解除してから、もう一度共有すると問題が解決することがあります。

引続き説明をご覧になりたい場合は、グループでカレンダーを共有 に進んでください。
他の説明をご覧になりたい場合は、カレンダー利用マニュアル に戻ってください。

更新履歴

2014/12/24: 新規作成
2015/2/2 : 英語ページの公開

最終更新日: 2015年3月12日

内容はここまでです。