• English
  • Japanese

MENU

共通認証システム 矢上キャンパス 慶應義塾公式ウェブサイト 慶應義塾の電力使用状況

Mac OS X における IPP 印刷の設定例

注意

  • キャンパス内のプリンタに出力する場合は、ITCアカウント が必要です
  • 認証が必要な学内の情報コンセントや無線 LAN で作業する場合は、必ず認証を行ってから作業を行ってください
  • 設定が全て完了した場合、ダウンロードしたファイルおよび展開したファイルやフォルダは削除しても大丈夫です
  • 設定は、パスワードが設定された管理者権限のあるユーザーで実行してください

プリンタドライバの準備

  1. XeroxのWebサイトから「Mac OS X PPDファイルインストーラー」(インストーラー)をダウンロードします。
    ※ ドライバは OS のバージョンによって異なります
    ※ OSのバージョンは、Macのデスクトップ左上にある [appleマーク] → [このMacについて] から確認できます

    Mac OS X 10.15 PPD インストーラー
    Mac OS X 10.14 PPD インストーラー
    Mac OS X 10.13 PPD インストーラー
    Mac OS X 10.12 PPD インストーラー
    Mac OS X 10.11 PPD インストーラー

  2. ダウンロードしたデータを開きます。

  3. 解凍したファイルの「Fuji Xerox PS Plug-in Installer.pkg」をダブルクリックします。

  4. PPDインストーラの画面が表示されるので「続ける」をクリックします。

  5. 使用許諾契約が表示されますので「続ける」をクリックします。

  6. 使用許諾契約に同意するか否か表示されるので「同意する」をクリックし、「インストールを」をクリックするとインストールが始まります。


  7. 管理者権限の認証画面が表示されますので、Macにログインするパスワードを入力し、「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

  8. 「インストールが完了しました。」と画面に表示されたら、「閉じる」をクリックします。

  9. 以上でプリンタドライバの準備は終了です。

IPP の HTTPSへの関連付け

  1. [アプリケーション] > [ユーティリティ] > [ターミナル]の順に開きます。
  2. [cd /usr/libexec/cups/backend/]と入力し、「return」キーを押します。

  3. [sudo ln -s ipp https]と入力し、「return」キーを押します。

  4. [Password:]入力を求められますので、ご利用のMac OSのログインパスワードを入力します
     ※パスワードは表示されませんが、入力されています。
     ※空パスワードを入力するとErrorになる場合があります。

  5. 以上で、IPP の HTTPS の関連付けは終了です。

プリンタの登録

  1. Dockメニューまたはツールバーから[システム環境設定]を開き、[プリンタとスキャナ](またはプリンタとファクス)をクリックします。

  2. [プリンタとスキャナ](または[プリントとファクス])画面左下にある[+]をクリックします。

  3. プリンタの設定画面が表示されるので、[詳細]タブを選択した後、下記の対応表と同じく設定し、「追加」をクリックします。
    FAQ : [プリンタの追加] 設定画面で [詳細] タブが表示されません
    項目 内容
    種類 IPP (Internet Printing Protocol) (https)
    装置 別の装置
    URL https://ipp.user.keio.ac.jp/printers/itc-ips/.printer?waitjob=false
    名前 任意の名前
    ドライバ FX DocuPrint C5000 d v3018.103 PS H2
    ドライバの検索は「c5000」で検索をすると簡単に絞り込むことが出来ます。
  4. [インストール可能なオプション]設定画面において、下記のように設定し「OK」をクリックします。
    給紙トレイ構成:4トレイ 内蔵ハードディスク:チェックを入れる メモリー:1536MB


  5. 以上で、プリンタの登録は終了です。

プリセット登録とキーチェーン登録

  1. テキストファイル、Webページ等を開きプリントを実行します。
     1) [ファイル]をクリックします。
     2) [プリント]をクリックします。
  2. 印刷画面で「認証情報」を選択します。
     ※詳細画面が出ていない場合は、画面下の「詳細を表示」をクリックしてください。

  3. 印刷画面で「認証情報の設定」を選択します。

  4. 認証情報の設定画面ではUser IDの指定で「IDを入力する」を選択し、User IDにITCアカウントだけでなく、パスワードにITCアカウントのパスワードを入力する。
    ※この画面では12文字以上のパスワードが入力できません(12文字以上のパスワードを設定している場合は、12文字以下にパスワードに修正してから入力してください)
    ※例ではub999999を入力しています。
    入力後、「OK」をクリックします。

  5. プリセットから「現在の設定をプリセットとして保存…」を選択します。

  6. 「プリセット名」を入力して、「OK」をクリックします。プリセット名は任意ですので、わかりやすい名前を推奨します。

  7. [プリント]をクリックします。
    ここで、以下のような、「認証のために保留中 – “Filter” 失敗」と表示された場合、更新ボタンをクリックしてください。

  8. ITCアカウントとパスワードの入力
      1) [名前][パスワード]にITCアカウントとそのパスワードを入力します。
      2) [このパスワードをキーチェーンに保存]にチェック
      3) [OK]をクリックします。

  9. 以上で、プリセット登録とキーチェーン登録は終了です。

印刷の実行

  1. テキストファイル、Webページ等を開きプリントを実行します。
       1) [ファイル]をクリックします。
       2) [プリント]をクリックします。
       3) プリセットから自身が印刷を行いたいプリセットを選択します。
        ※設定によってはすでに印刷を行うプリセットが表示されていることがあります。
       4) [プリント]をクリックします。
    ※デフォルトでカラーになっています。モノクロで印刷をしたい場合は詳細情報から「グラフィックス」を選択しモノクロを選択してください
      モノクロを選択した状態でプリセットとして保存することでモノクロをデフォルトすることが出来ます。

  2. 以上で、印刷は終了です。
    プリンタに移動して操作端末で印刷を実行します。
    詳しくはプリンタで印刷物を受け取るを参照してください。

    初回印刷時に印刷が出ないことがあります。
    その場合にはプリンタアイコンをクリックしてください。
    「認証のために保留中 – “Filter” 失敗」と表示されていますので、更新ボタンをクリックしてください。

    認証情報入力画面が出てきます。キーチェーン登録をしている場合はそのまま「OK」を押すと印刷ができます。
    保存していない場合は[名前][パスワード]にITCアカウントのパスワードと名前を入力してください。

    印刷データが送信されます。

FAQ

[プリンタの追加] 設定画面で [詳細] タブが表示されません

  1. ツールバー上にカーソルを合わせ、[Control]キーを押しながら、トラックパッドをクリックします。
  2. [ツールバー]をカスタマイズをクリックします。

  3. [詳細]をツールバーまでドラッグをして「完了」をクリックします。

  4. 以上で、[詳細]タブの作成は終了です。

最終更新日: 2019年10月11日

内容はここまでです。